淡色車の仕上がり

2022年09月20日 09:10

淡色車の仕上がり

おはようございます!
車磨き・カーコーティング専門店〜艶侍〜です。

たまに白やシルバーはキズとか見えないし磨いても意味あるの?とご質問をいただく事があります。
今回は、そんな淡色車について投稿致します。

結論から言いますと淡色車でも研磨は必要です。
確かに、キズやスケール汚れは見えにくいですが普段から乗られてる経年車ですと濃色車と同じくらいのダメージは蓄積されています。
見えやすいか見えにくいかの違いになります。
研磨せずコーティングをするとコーティングの機能や定着などの影響も言われますがガラスコーティング自体、無色透明なのでキズや汚れの上からコーティングする事になるので綺麗なお車にはならないのです。

実際、パッと見て綺麗でも照明を当てるとキズやスケール汚れがよく確認できます。
淡色車でもコーティングやワックスを施工する前の下地処理としてちゃんと照明設備のもとで研磨をする事で仕上がりに違いがでます。

当店は、車磨きをする環境としてしっかりキズを確認できる照明を設置し見える状態で研磨致しますので淡色車でも違いが分かる仕上がりになります。

興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)